このページでは、Javascriptを使用しています
メニュー

用賀アーバンクリニック 医療法人社団プラタナス

用賀アーバンクリニック 医療法人社団プラタナス

  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ

お問合わせ・ご予約はこちら

お電話でのお問い合わせ
Tel: 03-5717-6331

ご予約専用ダイヤル
Tel: 03-3707-4976

ご予約受付時間 月~金 9:00~17:00

新型コロナウイルス抗体検査をご希望の方へ

1. 新型コロナウイルス抗体検査とは

少量の血液で新型コロナウイルスに過去に感染したかどうかを確認する検査です。
現在罹患しているか確認するPCR検査ではありません。15分程度で結果が出るため検査を行った日に結果をお伝えすることができます。
検査では、IgM、IgGの2つの抗体を調べます。IgM抗体は感染した初期段階(7日以内)で生成され、短期間で消失する抗体です。一方でIgG抗体はIgM抗体に遅れて出現し長期間血中に存在する抗体です。(※1)
例えば、検査の結果、IgG抗体が陽性であった場合は、既に抗体を保有しており過去に感染していた可能性が高いと判断できます。(※2)

※1 血清中のIgM、IgG量の変化
血清中のIgM、IgG量の変化
(出典:MBLライフサイエンス 一部改変)
※2 検査結果の例
検査結果の例

2. 費用

検査費用:9,900円(税込)
※自費診療となります。
※支払いは現金のみです。

3. 対象となる方

・中学生以上の方(※中学生は保護者の同伴と同意が必要です)
・ここ1週間で発熱や感冒症状を認めない方
※37.5度以上の発熱症状のある方や感冒症状を有する方は抗原検査やPCR検査とは検査の目的が異なりますので対象外となります。

4. 注意事項

・自費診療ではありますが、念のため保険証をご持参ください。
・予約は必要ありません。一般外来の時間にご来院下さい。
※お時間の予約をご希望される方は予約専用ダイヤルで承ります。
(予約専用ダイヤル:03-3707-4976 平日9:00~17:00)
・抗体検査キットの在庫がなくなり次第終了となります。
・証明証や診断書の発行は行っておりません。検査結果票をお渡しします。

5. 当日の検査の流れ

  1. 受付にて新型コロナウイルス抗体検査希望の旨をお申し付け下さい。
  2. 上記1~4の説明をよくお読み頂き同意書にご署名下さい。
    予めこちらからも説明書及び同意書をダウンロードできますのでご利用下さい)
  3. 看護師が検査を行います。
    (指先から少しだけ血液を採取して、専用の検査プレートにて判定します)
  4. 結果は15分程度で出ますのでお待ち下さい。
  5. 診察室で医師より結果を説明致します。
  6. 会計をして終了です。(現金のみ可能。クレジットカードは不可)

6. Q&A

検査対象者
幼児や小学生でも検査を受けることはできますか。
当院では中学生以上から検査を行っております。
(中学生は保護者の方の同伴が必要です。)
検査をした方が良い人はいますか。
新型コロナウイルスに対する抗体反応についてはいまだ不明な点が多く、臨床的な意義については確定しておりません。一方で、下記のような方は一度検査を行う意義はあると考えます。
・児童保育や高齢者の介護などをされている方
・重症化しやすい基礎疾患(糖尿病、心不全、慢性呼吸器疾患など)のある方
・外での勤務が多い方や不特定多数の方と接触する機会のある方
検査キットについて
どのような方法で検査をするのですか。
イムノクロマト法と呼ばれる免疫測定試薬を使用します。この方法は、患者さまの血液に含まれる抗ウイルス抗体(IgM抗体、IgG抗体)を迅速に検出します。この方法は、すでにインフルエンザウイルス検査や妊娠診断などでも行われています。
針による痛みはありますか。
専用の機器で指先に浅く針を刺して、採血を行います。
個人差はありますが、チクッとした痛みを感じる程度です。
検査の精度はどれくらいですか。
当院で使用している検査キットは96.53%の高精度で判定できます。
どこの検査キットを使用していますか。
欧州連合のCE認証を取得したキット(Shandong ThinkLab Biotechnology Co.Ltd)を用いております。
検査結果について
検査結果はいつ頃わかりますか。
抗体が体内にあるかどうかは、採血から15分後に判明するため、検査当日に知ることができます。
検査結果の見方を教えてください。
抗体結果 臨床的意味
IgG(-) IgM(-) 過去に一度も罹患していない可能性が高い
IgG(+) IgM(-) 4週間以上前に感染していた可能性が高い
IgG(-) IgM(+) 感染初期の可能性があり、PCR検査による精査が必要
IgG(+) IgM(+) 感染初期から中期の可能性があり、PCR検査による精査が必要
仮にIgM抗体が陽性だった場合はどうすればよいですか。
速やかに関係各所と連携し、PCR検査を受けられるように手配します。

このページのトップへ